人気ブログランキング |

前田義昭という名の写真人の独白

<   2017年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

キチガイに刃物 —スミオのひとりごと261 No.361—

 かつて今に似た状況があった。
 いわゆるキューバ危機で、アメリカとソ連が核戦争を起こす寸前まで緊張した。当時子供だったボクらでもこれは大変なことになるという実感をもった。結局ソ連が譲歩してキューバから核ミサイルを引き上げた。これは話し合いで解決したようなことではなかったと思う。つまり時の大統領ケネディの本気度の迫力にソ連のフルシチョフが屈したということだ。弾頭が飛ばない戦争でアメリカが勝ったということになる。
 今の北朝鮮状況を考えると、中国を間に立てても話し合い解決は無理だろうしそうなっても先延ばしするだけだ。キチガイに刃物というが、近所で頭のイカレた男が刃物を振り回しているのと同じだ。それが今刃物からピストル、機関銃とエスカレートしている状態だ。“戦略的忍耐”などというバカな考えで放置してきたオバマの責任は大きい。また、1994年のクリントン政権の時核施設を攻撃する構想があったが,韓国の反対で実行しなかった。今となっては叩いておいた方が良かった。
 北朝鮮問題に限ってはトランプのような強面の大統領の方がいい。恐らく核実験をやればアメリカは攻撃するだろう。また、しなければますますエスカレートするばかりで本当に取り返しがつかなくなる。今回がギリギリの段階だろう。やるなら北朝鮮が反撃の挙に出られなくなるくらい徹底的にやるべきだ。勿論韓国、日本は返り血を浴びる覚悟をしなければならない。民主主義のないこういう独裁体制の国は力で押さえつける他はない。その役割ができる国はアメリカしかない。トランプのパシリの安倍は追随するしかないが、この状況で日本の立場から何らかの方策をさぐる能力のない首相を抱いている我々国民は悲しい。

2017.4.25













by y-lu | 2017-04-25 07:27 | 日常雑感 | Comments(0)

安倍商店の毎度の不祥事 —スミオのひとりごと260 No.360—

 安倍首相夫人付きの谷が一連の取り次ぎをした件のこと。
 籠池からの要請を財務省に問い合わせたことやそれに返信した行為を、昭恵夫人に関係なく勝手にやったとする自民党の対応は、恥も外聞もないというしかない。
 仮に谷の独走だったとしよう。そうだとしたら夫人の了解なくやった谷の越権行為は責められるべきである。まず当事者である昭恵夫人が、自分の名誉にかけて谷を咎めなければならない。しかし、そんな報道はまったく伝わってこない。それどころかフェイスプックなどで「ごめんなさい」といって谷を気遣っている。安倍の側近である官房長官の菅も谷の独走だと発言している。それなら直属官庁が谷に対して懲戒処分をしたのか。これも一向に伝わってこない。むしろ、省内では同情されていると聞いた。
 国民はすでに全部知っている。これらの発言や対応は、極めて低次元でまさに“どの面さげて”のレベルだ。安倍商店の女将さんが怪しい商法にひっかかって手に負えなくなり、使用人が勝手に名前をつかったと責任を押し付けている図と同じだ。それを番頭以下が黒を白と言いくるめる手伝いをしている。自浄作用がまったくはたらかないのが今の自民党だ。諌言できるものが誰もいない情けない政党だと思う。
 安倍内閣の不祥事は今に始まった事ではない。思い起こせば、一次内閣の時顔が絆創膏だらけの閣僚がしどろもどろになって言い訳をしたことをはじめ枚挙に暇がない。先にはパンツ泥棒を閣僚に起用したことや、つい最近では、自主避難の人たちに心配りのない発言をしひんしゅくをかう閣僚などが続々と出てくる。
 最も問題なのは稲田防衛大臣だ。日報問題でかやの外に置かれていることが露呈した。自衛隊を閲兵している稲田からはどうみても引き締まったものが伝わってこない。メガネのおネエちゃんが場違いの場所に出されてフワフワ歩いているだけものだった。ここにいた自衛隊員はどう思ったのか。ボクがその場にいる隊員だとしたら、なんでこんなやつが防衛大臣なのかと単純に思うだろう。それが実感だと思う。もっと適任者がいるはずだが右翼系のこういう人間を要職につかせるのが安倍のやり方だ。オリンピック担当相の丸川もなんとも頼りない。北朝鮮情勢が緊迫している時、緊急事態が起これば稲田で指揮がとれるのか。
 そして今、テロ等準備罪なる法案を強行しようとしている。この担当の金田はフラフラしていて答弁すらできない。どうしてこんな人物ばかりを重要なポストに据えるのだろう。これはとりもなおさず安倍が自らの無能力を証明しているものだ。
 このようなブログを書いただけでも政府を転覆しようとしているとして、自由な発言を封殺したいのは明白で警戒しなければならない。法案の名に騙されてはいけない。

2017.4.9









 


by y-lu | 2017-04-09 07:34 | 日常雑感 | Comments(0)

愛国教育はカネになる —スミオのひとりごと259 No.359—

 俯瞰的にみていけば、おぼろげながらも森友問題の全体像がみえてくる。
 まず籠池という人物。なかなかのマーケッターでしたたか者だ。彼にとって教育という名のビジネスは,他の業種とは違い浮き沈みのない安定感のある金儲けであった。それを確固たるものにするには、他の学校との差別化を図らなければならない。それには月並みな教育ではだめだ。“愛国教育”という切り口で、それを世間にセンセーショナルに出すことが一番の近道だと思ったに違いない。
 籠池は右翼思想の持ち主だから、日本に役立つ人材を育むために“愛国教育”を謳うことが一番だと思った。明確なテーマを打ち出せば、それに共鳴する市民の子弟をスムーズに受け入れられるのだ。籠池のキャラクターはその教育を植え付ける役割にぴったりである。親や子供から尊敬される立場を誇れると同時に、他の業種にはない魅力ある収入追求のための方法論だったのではないかと思う。月々の授業料はもとより、その筋からの寄付や国から助成金が安定して得られる。尊敬と収入を一挙に勝ち取る事ができるのだ。
 “愛国教育”を実践する場が大阪の豊中にあることを世の中に発信しなければならないと籠池は思う。すでに述べたように彼はしたたかなマーケッターだ。なんとしても政治家を筆頭に有名人たちに賛同してもらわなければならない。的は当然右翼系の政治家やオピニオンリーダーだ。名のある政治家に接近することができれば利用価値は限りなく大きい。“愛国教育”というエサを籠池は振りまくだけ振りまいた。「どうぞ、力のある政治家が食らいついてくれますように」と。それにまんまと食いついたのが,安倍首相夫妻、稲田防衛相、鴻池議員(後に気づき関係を遮断)たちだ。
 ここまではやったと思ったに違いない。「手のひらを返したように」と籠池は喚問で証言したが、問題が発覚すると潮がひくように政治家、官僚たちは逃げて行く。首相夫人は涙をながしてまであれほど“愛国教育”を賛美してくれたのに。しかし、ここでよく考えなければならないのは、この問題が発覚していなければ未だ潜在化していたということだ。こういった例は他にいっぱいあるはずで、森友問題を肴にグラスを傾けてほくそ笑んでいるやつがいるに違いない。

2017.4.3














by y-lu | 2017-04-03 16:17 | 日常雑感 | Comments(0)