人気ブログランキング |

前田義昭という名の写真人の独白

<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

スミオのひとりごと.141 No.201    

小学生議会 2
 
 世は“セクハラ”の一語に集約させて大騒ぎしている。
 外国特派員まで巻き込んで“セクハラ”の大合唱だ。ボクが驚いたのはそれ一色になっていることだ。もちろんこんな低レベルのヤジ議員を擁護するつもりは毛頭ない。ヤジを飛ばすならもっと気のきいたことを言えるようになるまで慎めといいたい。一方の女性議員はまるで鬼の首をとったごとくだ。悲劇のヒロインのように祭り上げられている。
 ここでよく考えてほしい。両者とも都民から選ばれており立場はまったく対等だ。会社の上司からこれに類することを言われたら、これはセクハラだろう。上下関係をたてに言われれば抵抗しにくいからだ。(男性だったらパワハラになる) 今回の都議会はこれとごっちゃにしている。同じ議員なんだから、やろうと思えば壇上から黙らせる発言をいくらでもできるはずだ。その上、まだヤジが収まらなかったら後ろの議長にアピールすればいい。(ずっと何も注意しないこの議長は蝋人形と大差ない) これだったら、テープレコーダーを置いて質問を流すのと変わらないじゃないのか。
 下を向いたままでただ原稿を棒読みする状態だったら、聴衆も退屈だからヤジのひとつもかけたくなるだろう。(今とっさに思いついたが、ボクのヤジだったら「早回しでお願いします」と) 演説をする方も聴かせる努力をもっとすべきだと思う。逆ヤジじゃないけど、センスのある一言を発する技量がほしい。
 だいたい「早く結婚しろ」なんてヤジの内容の意識が低すぎる。このヤジ議員は子供をつくる前提が結婚だけだと考えているからだ。センスがないうえに考え方も古い。別に子供をつくるのに結婚しなくてもいいじゃないかと思うんだが。ついこの前も安藤美姫が産んだでしょ。少子化問題に取り組むならこんな古い考えではだめなんだよ。晩婚化の流れは止まらない思う。既婚未婚に関わらず、中絶でやむなく出生を断念する事態をもっと減らすような道筋をつけるのが、あんたたちの仕事だろ議員さん。こんな連中に一人あたり年間2400万円も与えているらしい。
 それを実践している少子化対策先進国のフランスを見習うべきだろう。もっとやわらか頭になって発想の転換をしなければだめだと思う。海外で視察をしょっちゅうしているが、一体何を見てきてるんだ。でも、無理だろうなこんな議員さんばかりじゃ。これじゃ、いつまで経ってもフランスの影も踏めないだろう。

2014.6.29

追記
 都議会の女性議員問題がまだ冷めやらぬうちに、こんどは兵庫県議会にややこしいのが現れた。わんわん泣きわめくだけで、その理由さえ分からぬ理解不能の人間だ。都議会が小学校レベルならこっちは幼児が入る保育所レベルだ。共通点はどちらも何をもって泣いているのか、大人からみるとつかみどころがないところ。選んだ人たちもよく考えてほしい。

2014.7.4











 
 
 
 
by y-lu | 2014-06-29 10:38 | 日常雑感 | Comments(0)

スミオのひとりごと.140 No.200    

小咄. 13 W杯のブラジルでデング熱が猛威

嵐寛寿郎「かれこれ六十年くらい前も、映画館でみんなテング熱にかかってましたで」

2014.6.24
by y-lu | 2014-06-24 11:03 | 小咄 | Comments(0)

スミオのひとりごと.139 No.199    

小学生議会

 あまりにも幼い。
 なにかといえば、ヤジを飛ばした議員の犯人探しをしている東京都都議会議員たちの有様だ。誰が発したか判らないので声紋分析をするなどと噴飯ものの事態になっている。自民党の議員なら知っているはずだからどうもかばっているらしい。これらをみるにつけまるで小学生の議会だと思った。
「はやく結婚しろ」とか「子供が産めないのか」とか演壇の女性議員にヤジが飛ばされたとのことだ。女性議員は一瞬絶句して泣き声になったらしい。センスのないヤジを飛ばす議員も幼いが、それに涙ぐむ議員も幼い。
 悔しかったら、議員として対等なんだから「そういうあんたは何人産ませたんだ」とやり返せばいいと思う。こういう場でお涙ちょうだいの対応は、議員としての力量を疑われてもしかたがない。他の国のように殴り合えとはいわないが、せめてそのくらい応酬する活気をみせてほしい。大人なんだから。この程度のことで30代にもなった女性が、しかも議員という立場の公人が涙ぐむなんてボクの常識ではありえないし、こんな議員たちに都民の税金を託しているのかと思うと不安にならざるをえない。それなら台湾議会の殴り合いのほうがまだましだと思う。少なくとも真剣さが伝わる。
 逆説的にいえばこの女性議員はこれでマスコミに取り上げられた。でなければ失礼ながら、名前や質問内容すら都民に知られなかったにちがいない。怪我の功名と言うやつか。ヤジがどうのこうのよりも、この情けない事態を女性議員とヤジ議員はじっくりと考えてほしい。

2014.6.22
by y-lu | 2014-06-22 08:13 | 日常雑感 | Comments(0)

スミオのひとりごと.138 No.198    

小咄12. ワールドカップ

記者 「初戦は辛勝でしたね」
メッシ「メッシ奉公でのし上がってきたのに、ここで負けたらメッシの食い上げだ」

2014.6.18
by y-lu | 2014-06-18 06:07 | 小咄 | Comments(0)