人気ブログランキング |

前田義昭という名の写真人の独白

<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

スミオのひとりごと.126 No.186    

一夜明けて

 東京にオリンピックが決まった。
 ボクの予想どおりではなかった。決まった以上はぜひ成功させてもらいたいが、今なお違和感があり、もろてをあげて歓べない。その第一はプレゼンテーション時の安倍首相の発言内容にある。当初、不利になるので福島原発問題にふれないのかと思ったが、そうではなかった。ふれたのだが「状況はコントロールされている」と言ったのだ。あの福島を。
 こういうことを、どの面さげて言ってるんだと市井では言う。コントロールされていないことは、一億周知の事実だ。汚染水をはじめ燃料棒の取り出しなど憂慮する問題が報道されているのに、日本の最高責任者が世界が注視するIOCの総会で白々とウソをついた。テレビのコメンテーターのなかでこのことに言及する人は一人もいなかった。みんな浮かれてしまってヨイショ発言の連発だ。しかし、ボクと同じように素直に歓べない人が、この日本で少なくないことは容易に想像できるのだ。でなければかつて大宅壮一が吐いたように、一億白痴化と言うしかない。

2013.9.9
by y-lu | 2013-09-09 14:12 | 日常雑感 | Comments(0)

スミオのひとりごと.125 No.185    

オリンピックはいらない

 2020年オリンピック招致へ向けて日本はいよいよ正念場にかかっています。
 それと同時に福島原発の汚染水漏れが深刻な事態に直面しています。危惧していた貯水タンクや建屋からの汚染水が地下水とともに海に流れ出ている事実が判明したようです。東電をはじめ国のあまりにもお粗末な対策は、海外メディアの指摘するとおり当事者意識の欠如というよりほかありません。とどのつまりは海に流すしか打開策はないと思います。
 これまでの東電の事故対策は青写真どおりでまさに確信犯だと考えています。ほどほどにやっておいて事実上ギブアップすれば、あとは国が出てこざるを得ないという読みがあったとボクは考えています。しかし、国が出てきても金を出すだけで効果的な対策があるのでしょうか。いったん暴れだした放射能を収拾するノウハウを持ち得ていないのではないでしょうか。東電や国のあいまいな回答でそれが読み取れます。このところ頻発する竜巻が、もし原発施設を直撃して吹っ飛ばしてしまい放射能が拡散してしまえば関東圏でさえ住めなくなるはずです。その他それに類したことがいつ起こっても不思議ではありません。
 あまりにも意識が低い東電や国には、情けない話ですがむしろ海外からどんどん突き上げてもらって当事者意識をもたすようにしてもらうしかありません。海は他国につながっています。外国のほうがこの事態を深刻に受け止めているのです。思い返せば、民主党政権で野田首相が収束宣言をしました。今どう思っているのかこの人に訊いてみたいものです。自民党もその点ではたいして変わりがありません。未だ故郷に帰れない何十万の避難されている方を愚弄しています。
 一方、オリンピックにもどると当然海外のメディアからこの問題に質問が集中しています。事故は二百何十キロ離れた東京には及んでいないとか、2020年までに収拾するとか、まったく根拠のない取り繕う発言をしているようです。もちろん外国人は信用していません。この切羽詰まった状況で、あやふやな説明で乗り切ってそれほどまでに開催権を獲得したいのでしょうか。だったらオリンピックはいらない。
 この二つは勿論次元が違います。オリンピックをやらなかったらその分、対策が進むというわけでもないでしょう。しかしボクは一国民として、このオリンピック誘致には大変違和感をもたざるをえません。投票する各国のIOC委員にもいろいろと問題が喧伝されていますが、おのずと東京にシビアを結果を出すのではないでしょうか。

2013.9.7
by y-lu | 2013-09-07 08:07 | 日常雑感 | Comments(0)

スミオのひとりごと.124 No.184    

キヤノンⅥT
c0179267_1785942.jpg
 この前キヤノンⅥLを紹介し、この機の性能の良さを披瀝しました。
 その兄弟機ともいえるのがキヤノンⅥTです。Tというのはトリガーという意味で、つまりはピストルの引き金と同義です。ⅥLのレバーにかわってトリガーになったわけです。それだけではなくノブでも巻き上げが可能です。巻上げ方式以外はⅥLと同じで一卵性双生児みたいなものです。ですから性能の良さはすでに述べたとおりです。
 ただこの個体は、連動ピンのあるアクセサリー・シューが通常の汎用シューに改造されています。せっかくのアドバンテージを取り去っているのは残念です。それなのにどうしてと思われるでしょうが、この改造を知らないで手に入れた経緯があるからです。オークションなのですが、写真にこの部分が写っていない上説明も一切ありませんでした。こちらとしてはそんな状態になっているとは露しらず落札しました。どうも確信犯のようです。こういう人がいるのでオークションは気をつけなければなりません。それを説明すると入札の際,不利になると思って避けたのだろうと思います。
 そんなわけで、わがキヤノンⅥTには最大の売りの一つが欠損しています。そのためビューファインダーは、ピンには連動しないもののなかでライカ製のものをつけています。これが意外と似合います。ボディが角張ったデザインなので本家のカメラより合っているかもしれません。
 レバーとトリガーの比較ですが、これには一長一短があります。通常ではレバーのほうが使い易いですが、ファインダーに接眼したまま巻き上げる時はトリガーが便利です。トリガーの巻上げ感やそのスタイルが好きな人は、たまらないかもしれません。そして、何より目立ちたがり屋はこちらを選ぶのではないでしょうか。

2013.9.2







 
by y-lu | 2013-09-02 18:39 | カメラ全般 | Comments(0)