人気ブログランキング |

前田義昭という名の写真人の独白

<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

スミオのひとりごと.62 No.122    

レイドルフのロードマットとグリーンのボディに生まれ変わったオリンパスのトリップ35
c0179267_123285.jpg
 ロードマットはライカと同じドイツのウェッツラーで生まれたカメラです。実はこのカメラは今までついぞ知りませんでした。
 カメラというもの、レンズ位置は向かって右側にあるのがほとんどですが、これは真ん中にあり距離計窓とファインダー窓もシンメトリックな位置にあります。物差しで計ってみましたがぴったり同寸でした。レンズ・シャッターですがレンズ交換ができます。
 ドイツのコンタックスやニコンSシリーズと同じで、ボディ側にシャッターがついているビハインド式です。要するにフォーカルプレーン・シャッターの位置にレンズ・シャッターがある形態です。中級機としてはデザインもよくなかなかいいカメラだと思います。
 巻上げレバーの形状が独特で、手前に引くのは珍しいのではないでしょうか。手触りでメッキの仕上げがとても良いのが判ります。これはライカの質感によく似ています。距離計が狂っていたので、見当をつけて試みたところ無限遠がぴったりと合うようになりました。ビスの周辺がキズだらけなのでアメリカ人の仕事の跡かもしれません。大きさも隣のオリンパスとさほど変わらず、コンパクト感があります。愛機の一台に加えます。
 オリンパストリップ35は、まとめて買った中に入っていました。フリーマーケットやオークションで必ず目にするといってもいいくらいのカメラです。ということはよく売れたという証です。珍しくもなんともありません。底のメッキがザラザラしていたということもあり写真のように塗装しました。こういうカメラは気軽にできるのがいいところです。わざとおもちゃっぽい色にしました。
 山と積まれたどこにでもあるカメラでも、着色するだけで他人が持っていないカメラに変身します。プロの仕事ではありませんが、こうやってみればなかなか立派なものです。これで自分だけの唯一のカメラというわけですね。

 ◎ロゴ画像をポポタンの写真に変えました。阪神帽をやんちゃ風の被り方です。「同情するなら金をくれ」なんて言いませんからご安心を。

2012.6.27
by y-lu | 2012-06-27 12:17 | カメラ全般 | Comments(0)

スミオのひとりごと.61 No.121    

日活映画っぽくてイカスぜ裕ちゃん、じゃなくて半ちゃん
c0179267_5563337.jpg
 横浜は日活がよくロケ現場にしていました。
 ここもうってつけのロケ場所です。こういう雰囲気は石原裕次郎がぴったりです。こんな酒場でカウンターに寄りかかってグラスを傾ける姿の裕次郎は実にサマになっていました。今はめっきり使われなくなった「イカスぜ」っていうやつです。あの頃は何かにつけてこれが飛びかっていました。若い人でこの言葉を知っている人は、あまりいないのかもしれません。
 神戸を舞台にした『赤い波止場』の冒頭で、脚をより長くみせる真っ白のスーツで颯爽と歩く姿は鮮烈で、とにかく波止場の似合う役者でした。肩で風を切って歩く裕次郎の姿がめちゃくちゃカッコいいという、ただそれだけの映画でしたが。
 この辺には初めて行きました。『スターダスト』という酒場がつとに有名ですが、写真の店は向かってその左隣です。周辺には寂れた雰囲気が漂っていました。運河や引き込み線などがとてもいい感じをだしています。1950年代の頃の酒場が残っているというのはなかなかいいものです。米軍基地の入口につくったのは勿論米兵のためです。往事はたくさんの兵隊さんでごったがえしていたんでしょうね。
 レールにペンペン草が生えて、そこに飲み物の瓶が転がっている景色はとても写真的です。このレールも当時は列車が通っていて光っていたんでしょうね。

                    (撮影に使った半ちゃんカメラは、オリンパスペン-S 30㍉ f2.8)
2012.6.19
by y-lu | 2012-06-19 11:11 | 半ちゃん写真 | Comments(0)

スミオのひとりごと.60 No.120    

コンパクトづくと
c0179267_14234078.jpg
 半ちゃん(ハーフ)を使いだしたら、ついついフルサイズのコンパクト・カメラにも眼がいってしまいます。
 鰹節けずり器を探しに久し振りにフリー・マーケットをのぞきに行ったところ、こんなのが出ていました。ヤシカエレクトロ35MCという機種です。メッキがビカビカに光った小さなカメラがボクを呼び止めたのです。立ち止まって手に取るとさほど使用感のないきれいな個体でした。ここで出会ったのも何かの縁と思い即決しました。逡巡する必要のない三桁で買えるフリマ価格だったからです。
 昔ならいくら安くてもこの手のカメラには手を出す事はありませんでした。圏外であったカメラを持ってみると、それなりに面白い面を発見するようになったのです。
 このカメラは35㍉フルサイズなのに相当小さく設計されています。ボクが持っているハーフに較べても少し小さいです。これと同様のペトリカラー35は、ユニークなデザインも相まって高値で取引されていますが、こちらはその何分の一の値段です。いま試し撮りをしているところです。

 追記 このカメラのメッキの質感が安っぽくてどうも好きではないので、思い切って塗装することにしました。本来はボディがへこんでいる個体を叩き出した後のカムフラージュとしてなのですが。これはチョコレート色に変えることにしました。現在の電車の色でいうと阪急電車の色です。YASHICAのロゴへ塗料を入れるのに手こずりました。刻印がとても浅いので拭くと全部とれてしまいます。悪戦苦闘の末なんとかそれらしくなりましたが、あまりきれいではありません。(2012.7.6)
c0179267_18574296.jpg
2012.6.17








 
 
by y-lu | 2012-06-17 09:37 | カメラ全般 | Comments(0)

スミオのひとりごと.59 No.119    

スモウの景色も変わったなと、半ちゃんのまなざし
c0179267_22212458.jpg
 桜満開の靖国神社で今年も奉納相撲がありました。
 去年は大震災があり中止になりました。同年秋に代替開催されたそうですが知らなかったので見逃してしまいました。本場所とは違い勝負は二の次ですが、力士との距離感が縮まるので通の人にはたまらないようです。外人もたくさん観に来ています。かくいうボクもそこのところが面白くて毎年のように行っています。入場無料というのも好感がもてます。
 力士もリラックスしていて、サインや記念撮影に気軽に応じています。そういえば昨年、八百長で追放された春日錦もサインをしていた姿を憶い出しました。傍で観察していると、昔の力士とは隔世の感があります。大阪で少年期をおくったボクは、春場所になると宿舎となっている下寺町の寺々に、友達と連れ立ってサインをもらいに行きました。当時は胸毛が格好良かった朝潮(朝汐)がひいきでしたが、サインをもらった記憶がありません。その頃、よく昼食にお好み焼きを食べに行った店のおっちゃんが安念山の大ファンで、それを褒めるととても機嫌が良かったのです。その店主は、うちのお好みは他の店の二倍大きいとよく自慢していました。
 それはさておき、その頃と較べて力士模様が大分変わりました。鬢付け油のにおいこそ変わりませんが、大きな手でたえず携帯を見たり、今風の歌を何のわだかまりもなく口ずさんだり、すぐVサインをしたりするのは当たり前です。写真のように人目をはばからず女性と歩いたりするのも当たり前のようですが、相手の方はお腹が大きいので奥さんかもしれません。力士も人の子だといってしまえば、それに違いありませんが。
 ボクなどは髷を結っている間は、番付にかかわらず、勝負師として孤高なところを見せてほしいと思うのです。かつての貴乃花や、今の白鵬にはそういう雰囲気を感じらるところはあります。

                   (撮影に使った半ちゃんカメラは、オリンパスペン-D 32㍉ f1.9)
2012.6.13






 
 
by y-lu | 2012-06-13 11:12 | 半ちゃん写真 | Comments(0)

スミオのひとりごと.58 No.118    

マークは知っていた

 仁木悦子の『猫は知っていた』じゃありませんが、民主党のシンボルマークはこの党の末路を知っていたと言うほかありません。
 民主党のマークをよく見てください。正円の日の丸がストンと落っこちて歪んだ日の丸になっています。民主党が政権を取っていままでやった事と、さらに押し進めてやろうとしている事は、まさにこのマークがよく表しています。ガタガタの日本にしようとしているのです。マークの作者は先見性があったというほかありません。
 今度の野田・小沢会談はバカバカしさを通り越してただ嗤うしかありません。論評に値しないというやつですね。その真ん中で茶坊主のような輿石が、ミイラみたいな顔で相変わらず訳の解らないことをレロレロ言っています。
 この前は誕生会とやらで、柔道ネエちゃんをはじめ多くのネエちゃん議員に囲まれて小沢が破顔していました。千石イエスを思い出してしまいました。なんでこんなホステスみたいな議員がいるのかというと定数が多すぎるからです。今の三分の一くらいにすれば絶対出て来られないのです。
 これにまったく手を付けず、喉元すぎればの譬えどおり野田坊やは原発再稼働や消費税率引き上げに猛進しています。まったく末期症状としかいいようがありません。
 しかしこんな政権をつくったのは国民一人一人です。次の選挙では国民が激烈なしっぺ返しをしなければなりません。その秘策は選挙になったら書きます。

 追記 この間、瀬戸内寂聴が今の世の中は戦時中より悪いと言っていました。逆説的に言っているところもあるかもしれませんが、戦時をよく知る人の発言として真実味があります。戦後生まれのボクはそのことに踏み込む事はできませんが、あながち見当違いではないと思います。

2012.6.4
by y-lu | 2012-06-04 11:42 | 日常雑感 | Comments(0)