人気ブログランキング |

前田義昭という名の写真人の独白

謙虚などとは片腹痛い —スミオのひとりごと285 No.385—

 もともと謙虚な人は「これからは謙虚に」などとは言わない。
 世の常として傲慢な人間ほど謙虚と言いたがるものだ。選挙後、安倍をはじめ自民党の面々は口々にそう言い出したので、この人たちはそれとはほど遠い人たちだったんだなとあらためて確認した。希望の党の自滅で濡れ手で粟だったので、照れ隠しなのだろうが急に不似合いな言葉を出してきた。
 選挙期間中、北朝鮮の脅威を防げるのは自民党だけという主張をしていた。そうかと思って票を入れた人も多いだろうがそれには何の根拠もない。安倍はアメリカさんの顔色をうかがい、トランプとオレは仲がいいからこれが頼みの綱だというのが中身だ。(トランプと会談したとき握った手をポンポンとたたかれて、君はいい子だねといわれているようだった) 安倍が独自の解決策を模索することなどなく、アメリカさんと一蓮托生ということだ。安保法制が成立して以来、ますますその方向にのめり込んでいる。日本の安全を確立するにはこれしかないと思っているのだ。それが逆に戦争の危険を増幅していると思う。
 アメリカ一国に偏らない発想ができる人に日本のリーダーになってもらいたいものだ。戦争を回避するには敵をつくらないことだと誰かがいったが、その通りだろう。
 小泉進次郎が衆院選ではおおいに働いた。聴衆はタレントを迎えるように盛り上がる。この能力を野党に向けるだけでなく、安倍に直言すべきだ。森友や加計問題は国民のなかで消化不良のままだ。安倍は直接関与していないことがわかったから問題ないと発言している。しかし、問題になっているのは直接関与しないで側近や役人を動かしたのではないかということにかかっている。
 ここのところに国民が疑念をもっているのは小泉も解っているはずだ。これを誰も言わない党内から突き上げることによって活性化を生む。小泉が先頭にたって諌言すべきだろう。若くても総裁選に出る意欲をもって代替わりの先頭に立つべきだ。安倍を助けるだけの存在からそろそろ脱するべきだろう。

2017.10.30









 
 


by y-lu | 2017-10-30 11:33 | 日常雑感 | Comments(0)