前田義昭という名の写真人の独白

小池は蹉跌をふむか —スミオのひとりごと283 No.383—

 人は自分の力を過信するあまり取り返しのない言葉を発して墓穴を掘ることがある。
 民進党のリベラル派議員の受け入れの判断で “さらさらない” や “排除” というまさに人格を傷つける言葉を発した。それがマスコミによってひとり歩きし、想像外の影響をもたらした。これを聴いた国民はなにを尊大なと思うだろう。マスコミ出身の小池にしてはあまりにも脇が甘すぎた。後になってあれが潮目だったということが今から充分に想像できる。
 行き場を失ったリベラル系の枝野が立憲民主党を旗揚げした。小池が触媒の役割をして、右と左の寄せ集め政党の民進党の解体をした功績はみとめなければならない。本来は民進党自身でそうしなければならなかったはずだ。流されるままでそのパワーすらなかったということか。
 結果的にはこれでそれぞれの立ち位置がはっきりした。リベラル系の立憲民主党は同情や判官贔屓、保守ぎらいの層から支持を集め思いのほか勢いをつけるだろう。選挙民にとっては判断基準が明確になって良かったともいえる。
 政治は一寸先が闇と前回も書いたが、一週間もしないうちにどんどん情勢は変わっていく。今の情勢では小池が出馬しない観測がつよい。しかし、出馬しなければ事実上の敗北宣言に等しくなって議席はあまり期待できないだろう。このプロセスをたどれば、次の次はもう難しいといえる。進むも地獄退くも地獄なら出る可能性はまだ充分ある。肉を切らせて骨を断つリスクを引き受けた不退転の決意があればだ。
 このところの小池は自民党との対決姿勢がうすらいでいる。結局自民党とそう違わないじゃないかという流れになっている。その一因は希望の党の起ち上げの時、日本のこころからきた中山がいたことだ。あれはとても違和感があった。どうしてこういう右寄りのそれもポンコツ婆さんを結党に参加させたのだろう。それも夫婦で参加するという。これが著しく清新さを消しイメージを悪くした。これこそ排除すべきだったのではないだろうか。
 このムードを一挙に逆転するには、小池は出るしかないと思う。

2017.10.4











[PR]
# by y-lu | 2017-10-04 15:24 | 日常雑感 | Comments(0)

北から神風が吹いたと思ったら足元で竜巻が舞い上がった —スミオのひとりごと282 No.382—

 金正恩のありがたい神風にすがりついて自らの強欲を押し通そうと安倍はにんまりしていた。
 が、足元から強力な竜巻が起こった。いうまでもなく今起こっている小池旋風だ。“政治は一寸先は闇” とはよくいったものだ。
 小池としては,都知事選、都議選と追い風が吹きまくりあまりにもトントン拍子でいきすぎた。本人は四年の任期をまっとうして実績を残したうえで総理を狙う考えだったと思う。ボクもそう思っていた。今回の事態は、そういう意味で小池にとっては計算違いで、急展開でそのチャンスが巡ってきた。そこで乾坤一擲の勝負にでた。
 凡庸な安倍に較べれば、機を見るに敏な小池の勝負度胸は前にも書いたが、(政治の力学を知る女 —スミオのひとりごと235 No.335— / 蓮舫は小池になれない —スミオのひとりごと247 No.347—) 男並みいや男以上だ。その勢いは民進党を一夜にして解体させてしまうほどだ。当初の思惑がまったくはずれ、思わぬ展開になってしまった安倍は慌てふためいているにちがいない。
 小池は今は出馬しないと言っているがボクは出るとみた。周囲の期待感が最高潮に達したところで、ここぞとばかり絶妙の登場感を狙っていると思う。ここで期待に応えなければ “男”が立たないという状況づくりをする考えだ。こうなれば都知事を投げ出したダメージを少しでもやわらげることができるからだ。
 これで衆院選が俄然面白くなってきた。安倍が竜巻に蹴散らされるか、または好事魔多しという諺もあるので、小池に思わぬ陥穽がまっているかもしれない。経過を見ようではないか。

2017.9.29














[PR]
# by y-lu | 2017-09-29 14:26 | 日常雑感 | Comments(0)

金正恩のミサイルは安倍にとって神風か —スミオのひとりごと281 No.381—

 このところ連続する北朝鮮のミサイルや核実験でニュース面から加計や森友問題がふっとんだ。
 この恩恵を受けるのはいうまでもなく安倍だ。国連演説などで表面的には北朝鮮を非難するが腹のなかではほくそ笑んでいる。北朝鮮情勢の緊張でがた落ちになっていた支持率も少しは持ち上げた。国会の冒頭解散を目論んで、加計・森友問題の追求を受けるリスクを避けられるのは、すべて金正恩のおかげだ。まさに北から神風が吹いてきた。緊張状態をつくってくれるこの男に、安倍は足を向けて寝られないはずだ。
 山尾問題や離党者続出で民進党が選挙どころではない折をとらえ、また若狭・細野の新党が整わないうちにここぞとばかり総理の専権を打ち出す。八月はじめの内閣改造はなんだったんだ。仕事人内閣は仕事せず内閣のまま店じまいか。自分の保身が第一のこの男にとって、そんなことはどうでもいいことだったのは今更ながらはっきりとした。
 悪知恵にかけては人後に落ちない安倍自民党にまたせっせと投票するんだから (たぶん) おめでたい国民だね、日本人は。
 
2017.9.21











[PR]
# by y-lu | 2017-09-21 17:34 | 日常雑感 | Comments(0)

江崎沖縄北方相にみた日本政治の矛盾 —スミオのひとりごと280 No.380—

 批判をうけているが、江崎沖縄北方相はむしろ新鮮にみえた。
 当初、自分の任にあらずと安倍からの要請を断ったという。これほど正直で謙虚な国会議員は今時珍しいし、この人の人間性をみたような気がする。自分をよく知っていて己の命ずるまま行動しただけである。当初は。
 先に金田法相のことを議員に向いていないと書いた。それと同じで江崎も本来向いていないと思う。親父からの地盤を親孝行のつもりで引き継いでしまって、間違って議員になってしまったということだろう。以前にも書いた家業政治 (政治を家業にしてはいけない —スミオのひとりごと200 No.300—) の典型的な弊害だ。だから気の毒だというのもおかしな話だが、中途半端な心構えで議員になった本人にはやはり一番の責任がある。裏を返せば政治家の資質があっても出て来れない日本の保守政治の特殊事情としての現実がここにある。
 本人がなりたがっていないのに、他の人に切り替えなかった任命権者の安倍や派閥の論理でゴリ押しした二階に責任があるのは言うまでもない。何回言ってもいい足りることはないが、ここには国民の利益が置き去りにされているということである。
 野党の厳しい質問には立ち往生するより役人の原稿を朗読すると江崎は言った。そういう説明のつかない大臣のつくり方こそが今の今まで問われてきた事じゃないのか。先の稲田、金田その他のボンクラしかりだ。
 現実には役人原稿の朗読は他の大臣もやってることで、江崎はそれを正直に言っただけの話で悪質の域にはいっていない。我々国民からするとウソつきまくりの安倍をはじめ、ミニ安倍みたいなたちの悪い萩生田よりまっ正直な分だけでも上質な人間だと思う。

2017.8.8












[PR]
# by y-lu | 2017-08-08 11:57 | 日常雑感 | Comments(0)

岸田は甘ちゃん坊やか —スミオのひとりごと279 No.379—

 大臣の顔ぶれを変えれば、国民になにがしかの期待をもたせられると本気でおもっているのだろうか。
 頭を下げて一連の不祥事を安倍は謝罪するが、国民はべつに謝罪なんかしてほしくない。森友や加計、日報問題などの真実を知りたいだけだ。それにほおかむりをして逃げ切ろうとする魂胆が丸見えだ。
 煙たい存在の野田や河野を閣僚に取り込んで、見え透いた批判かわしもやる。これでお友達内閣じゃないでしょというわけか。また、それにホイホイと取り込まれる野田をみてとても女性総理は無理とみた。総理を狙うには意地を貫かなければだめだ。
 その点では岸田も同じで、禅譲を期待しているとしたら大甘ちゃん坊やというしかない。なんとか閣外にだけは身を置いたが、自力で勝ち取る心意気がなければ総理の座などほど遠い。
 安倍はワルだから自分の延命のためにはどんな策略でも練る。稲田を重用して失敗し、各大臣がやらかした不祥事で手痛い大失点を受けてロープ際に追い込まれた。ここで岸田に背を向けられると万事休すになる。そこで暗に次の総理をちらつかせて、離反させないように岸田をこのまま手なづけなければならない。勿論、安倍自身は三選を果たしてこのまま総理を続ける算段だ。岸田に禅譲することなどさらさらないだろう。それを果たしたら、あとは野となれ山となれだろう。だいたい総理の座を譲ったり譲られたりするなどもってのほかで、私物化もはなはだしい。
 それを真に受けているとしたら、岸田はやはり大甘ちゃん坊やだ。受ける感じは人が良さそうで線が細く政治家向きとは思えない。実際は見た目とは違うのかもしれないが。もしその時、禅譲などの動きをみせて政権のタライ回しをしようとすれば国民が許さないだろう。総理を狙うなら石破のように一定の距離を置くべきだ。
 ワル安倍の言葉など信じてはいけない。

2017.8.4












[PR]
# by y-lu | 2017-08-04 16:14 | 日常雑感 | Comments(0)